パソコン教室事業採用情報

インストラクターインタビュー

CASE 09

教室運営のやりがい

社員 インストラクター歴6年

なかはま 先生

メンバー全員で作り上げその中に自分がいる、それが私の原動力

元々はサービス業をしていたのですが、結婚退職を機にパソコンを勉強し資格も取得!その後、パートで事務関係のお仕事をしていました。職場の中でパソコン操作に困っている方の指南役を引き受けるうち、人に教える喜びを感じるように。その時脳裏に浮かんだのは、『自分のスキルを活かしたい』ということと『人に喜んでもらえる仕事をしたい!』ということ。ちょうど自分にとって通いやすい範囲にパソコン市民講座の教室があったため、迷わずエントリーしました。

受講生さんの成長を、日々間近に感じられることにやりがいを感じています。
また、自分も含め一緒に働く先生方がインストラクターとしてステップアップしていることを実感した時も、この仕事のやりがいを感じる瞬間です。

運営した経験もなく手探り状態から、できることから少しずつ

チームワークを大切に、一緒にお仕事している先生方とのコミュニケーションは欠かせません。
教室では受講生さんお一人お一人にお変わりがないか、お声をかけながら変化に気を付けています。
教室を運営した経験もなく手探り状態から始めた教室長という役割ですが、信頼できる先輩や上司の方より、できることから少しずつ課題をいただき今に至ります。いつも全てがうまくいくわけではありませんが、一緒に働くメンバー全員で作り上げている、その中に自分がいる、ということが私の原動力です。

今後ますますパソコンは出来て当たり前になっていく世の中。お仕事にもっと活用できるように、必要なニーズに応えられるよう自分自身のスキルに磨きをかけていきたいです。また、大人だけでなく子どもたちもパソコンスキルが必要になってきています。いろんな世代の方に「楽しい!」と思ってもらえるような指導を目指したいです!

チアリーでの働き方

市民講座の教室は、3~5名のインストラクターでチームを作っています。

チーム全体で毎月ミーティングしながら、より良い教室になるような活動を計画していきます。

受講生の方が快適に授業を受けられるような環境作り(清掃や掲示物)、毎月の受講ペースに伴い授業予約をいただく運営管理事務、教室のPR活動としてショッピングセンター内でのイベント企画や告知活動など、チームのメンバー全員で自分たちの教室を盛り上げていただく運営サポートをしていただきます。