パソコン教室事業採用情報

インストラクターインタビュー

CASE 07

資格取得支援制度

社員 インストラクター歴4年

うきた 先生

受講生さんに安心感を提供するため、資格取得支援制度でスキルアップ

今まで接客業をしてきた私は、お客様とコミュニケーションがとれる仕事をしたいと考えていました。
家電製品のデモ販売、病院の受付、アパレルなど様々な仕事を経て、お客様の顔や名前、好きなものを覚え、常にお客様の「記憶に残る接客」を心がけておりました。
丁度そんなときに、パソコン教室に通っていたのでパソコンのインストラクターという仕事に興味を持ちました。

「疲れている顔をしているね。就職活動大変でしょう。大丈夫!今そのための力をつけているところだから一緒に頑張ろう!」「今日は眠そうだったね。ちゃんと寝てる?」とインストラクターに声をかけていただき、その励ましてくださる姿や心配してくださる姿が心に残りました。
私も「こんなインストラクターになれたらいいな」と思い、募集しているパソコン教室を探し、市民講座と出会いました。

数年後の教室のビジョンを思い描けるインストラクターに

「先生の説明わかりやすい!」「へえー」「たのしかった」「おもしろかった」という言葉をいただいた時や、受講生さんに教えたパソコンスキルを受講生さんがしっかり覚えていて、それを発揮してくださった時にはこの仕事をしていてよかったと感じます。

もともとスキルがなかったので実践力をつけて、受講生さんが安心して質問できるようにまず自分を整えようと思いました。

私は今いる教室が大好きです。なのでこの教室について知らないことはないくらい、もちろん受講生さんのことは一番私が知っていると言えるくらい、1年後、2年後の教室のビジョンを思い描けるようなインストラクターになりたいです。

チアリーでの働き方

市民講座は確実な学習理解と定着にこだわり、全ての教材を自社開発しています。

基本は映像教材で800以上の講座があり、あなたが指導内容に迷うことはありません。
映像教材を補足し学習理解を深めるためのテキスト教材や復習課題なども充実していますので、まずは教材全般を把握してもらうことが重要です。

もちろん映像教材は全て見放題。また自社開発のタイピングWEBソフトもあり、ご自身のレベルをいつでも確認できますので、トータルであなたのスキルアップにも確実にプラスになるのです。