パソコン教室事業採用情報

インストラクターインタビュー

CASE 06

仕事の幅が広がるキャリアアップ

社員 インストラクター歴5年

もりわき 先生

教室メンバーにも支えられ乗り越えることができる

パート社員からスタートした私は最初、同僚と仲良くやっていけるだろうか、受講生さんに怒られたらどうしようと不安でいっぱいでしたが、良き先輩、穏やかな受講生さんに恵まれ、すぐになじむことができました。

慣れた頃から自分の力を教室の役に立てたいと考え、教室の掲示物の企画をやらせてもらうようになりました。そうやって二年半が過ぎたころ、近隣の教室に移ることになり、半年後に教室長になりました。もちろん責任感からプレッシャーもありましたが、教室メンバーにも支えられ乗り越えることが出来たと思います。

パソコン教室とプログラミングスクールの両方を担当

さらに翌年からスタープログラミングスクールの活動にも参加することになり、仕事の幅が広がると同時に、地域限定正社員へのキャリアアップを打診されました。
昇格にあたり社長面接の場で「家族は何と言っていますか?」と聞かれ、そんなことまで気にしてくださるのかと大変ありがたく感じたことを記憶しています。

今は地域限定社員として、二つのパソコン教室に関わりつつ、スタープログラミングスクールのメンバーとしてプログラミング教育の普及のために働いています。

チアリーでの働き方

チアリーが運営する「パソコン市民講座」は100教室以上が直営教室。直営だからこそ、きめ細やかな管理や指導・研修の等質化が可能となります。

また、教室は「イトーヨーカドー」「ダイエー」「イオン」など地域密着のショッピングセンター内に入っており、通いやすく安心して勤務できる最高の立地の職場と言えるでしょう。

全国に400名以上のインストラクターの先生が所属している、まさに「指導者集団」なので、それぞれの教室の意見や工夫を共有化することで、運営ノウハウを日々進化させ、一緒に自分たちの教室として創りあげていくことが可能になるのです。