パソコン教室事業採用情報

インストラクターインタビュー

CASE 05

急なお休みや有休取得

社員 インストラクター歴15年

おおえ 先生

一緒に働くチームのまとまりが大事

インストラクターになろうと思ったきっかけは、人と接することが好きで、当時はあまりパソコンを知らない方が多く、簡単なことでも伝えるととても
喜ばれたので、インストラクターになってみたいと思いました。

受講生さんから、「出来るようになったよ!ありがとうね!」と言って頂けるのが、一番嬉しく思います。また、一緒に働くチームでミーティングや勉
強会をしながら、教室をどうしていくか?受講生さんとどう接するかを考え、全員で目標を達成できた時にやりがいを感じます。

「笑顔で働けるように!」を一番大切に考え、新しい先生を沢山育てたい

仕事をする上で大切にしていることは、楽しく仕事をすること!
メンバーが、出来るだけ働きやすい環境にすること。
「笑顔で働けるように!」を一番大切に考え、日々動いています。

急な休みが出るのはみんな同じで、お互い様だと思っているので、どうしても休まないといけない時は、みんなで協力しながらシフトを調整しています。
また、プライベートも大切なので、事前に休みたいところがあれば、全員で協力体制をとって、出来るだけ休めるように努めています。
今後は、新しい先生を沢山育てて、この仕事はやりがいがあって楽しいと思ってもらえる人を増やしていきたいです。

チアリーでの働き方

市民講座の教室は、3~5名のインストラクターでチームを作っています。

チーム全体で毎月ミーティングしながら、より良い教室になるような活動を計画していきます。

受講生の方が快適に授業を受けられるような環境作り(清掃や掲示物)、毎月の受講ペースに伴い授業予約をいただく運営管理事務、教室のPR活動としてショッピングセンター内でのイベント企画や告知活動など、チームのメンバー全員で自分たちの教室を盛り上げていただく運営サポートをしていただきます。